製品検索

生培地

バイタルメディア DHL寒天培地

特にSalmonella spp.、Shigella spp.などの腸内細菌の検出を容易にするため、従来のデソキシコレート培地を改良した培地です。
ヒナ白痢菌もよく発育します。乳糖及び白糖が加えられているため、乳糖非発酵の Escherichia coliEnterobacter spp. 、Citrobacter spp. などは赤色集落を形成し、Salmonella spp. 、Shigella spp. との鑑別が容易です。

貯蔵方法:4~8℃
有効期間:2ヶ月

バイタルメディア TWINプレート11(SS+CT-SMAC)

貯蔵方法:4~8℃
有効期間:3ヶ月

バイタルメディア TWINプレート20(SS-PLUS+CT-SMAC)

貯蔵方法:4~8℃
有効期間:3ヶ月

バイタルメディア TWINプレート41(SS-PLUS+CIX)

貯蔵方法:4~8℃
有効期間:3ヶ月

バイタルメディア SS寒天培地

糞便検体からのSalmonella spp. 、Shigella spp. 、Yersinia spp. 選択分離用培地です。
Escherichia coli Citrobacter spp. 等の乳糖を発酵し酸を産生する菌は発育が抑制されます。

貯蔵方法:4~8℃
有効期間:4ヶ月

バイタルメディア SSK寒天培地

糞便検体からのSalmonella spp. 、Shigella spp. 、Yersinia spp. 選択分離用培地です。
SS 寒天培地に添加されている乳糖に加え、白糖も添加されています。これにより、硫化水素を産生するCitorobacter spp. の多くが赤色集落となり、Salmonella spp. との鑑別が容易です。また選択性を弱めているため、SS 寒天培地に発育困難なSalmonella spp. 、Shigella spp.を分離することが可能です。

貯蔵方法:4~8℃
有効期間:4ヶ月

バイタルメディア SS-PLUS

Salmonella spp. 、Shigella spp. 、Yersinia spp. の選択分離用培地です。
患者材料や食品関係者の検便などについての菌検索では、SS 寒天培地より抑制性の弱い培地が望まれており、このような目的に適合した培地です。また、SS 寒天培地に添加されている乳糖に加え、白糖も添加されています。これにより、硫化水素を産生するCitorobacter spp. の多くが赤色集落となり、Salmonella spp.との鑑別が容易です。

貯蔵方法:4~8℃
有効期間:4ヶ月

粉末・顆粒培地

プレメディア DHL寒天培地

グラム陰性菌の選択培地です。
グラム陽性菌の発育を阻止します。サルモネラ・シゲラの鑑別は容易です。SS寒天培地に比べ大きな集落を形成します。プロテウスは遊走が阻止されます。本培地は選択性が弱いため少量の検体を塗抹します。

貯蔵方法:室温、密栓、遮光
有効期間:300g・1kg:2年、400mL用×39:5年

プレメディア EEMブイヨン培地

貯蔵方法:室温、密栓、遮光
有効期間:2年

極東 MLCB寒天培地

貯蔵方法:室温、密栓、遮光
有効期間:1年

プレメディア 緩衝ペプトン水

食品(鶏卵等)中のサルモネラの前培養に使用します。
食品の処理工程(冷却・乾燥等)により損傷を受けたサルモネラは、予め選択性のない本培地で前培養してから、選択性の高い増菌培地を用いると検出率が高まります。

貯蔵方法:室温、密栓、遮光
有効期間:2年

極東 ラパポートブイヨン培地

貯蔵方法:室温、密栓、遮光
有効期間:1年

イムノクロマト

シングルパス サルモネラ

貯蔵方法:2~8℃
有効期間:1年