研究用モノクローナル抗体製品

Abwiz Bioの抗体は、組換えウサギモノクローナル抗体がベースです。RabWizTMプラットフォームによりIgGシークエンスを特定しているため、ロット間のバリエーションはほぼ生じず、ポリクローナル抗体やハイブリドーマよりも信頼性が高いことが特長です。

ウェスタンブロット、フローサイトメトリー用途にマッチし、最高の感度、特異度が得られるように、厳格なバリデーションを実施しています。例えば、ウエスタンブロット用途では、シグナル伝達経路に特異的な作動剤あるいは抑制剤で処理した細胞ライセートを用い、反応性を検証しています。フローサイト用途でも同様に、リン酸化、非リン酸化ペプチドを用い、ターゲット特異的なシグナルが検出できることを検証済みです。細胞表面マーカーを標的とする場合は、リコンビナントタンパク質、あるいは標的タンパク質を強制発現させた細胞を使った動物免疫により、自然免疫がもつレパートリーを最大限に生かして高親和性抗体の開発を進めています。ファージディスプレイ法による抗体遺伝子ライブラリのセレクションにより、目的とするターゲットを確実に認識する抗体を選抜します。この選抜において、Abwiz Bioの長年の経験に裏付けられたスクリーニング法を駆使します(例:関連する競合分子を用い、特異性の低いクローンを除去する等)。各抗体には、高品質で確証のあるデータ、性能が得られた用途を製品情報として掲載しています。

抗体の種類

  • 抗リン酸化タンパク質抗体
  • 抗細胞膜表面タンパク質抗体
  • その他抗体

抗体製品の一覧はこちらから(外部サイト)

こちらにも掲載しております(外部サイト)

  抗SARS-CoV-2抗体

本抗体は、SARS-CoV-2のNucleocapsid Protein(NP)のみを検出し、重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルスや中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス、ヒトに日常的に感染する風邪のコロナウイルス4種(HCoV-OC43, 229E, NL63, HKU1)、その他、インフルエンザウィルスA/Bとは交差反応がなく、高い特異性を有しております。

下記に、 Abwiz Bio社が開発したSARS-CoV-2 NPのウサギモノクローナル抗体 の3クローンの抗体の新和性を示す指標である平衡解離定数 KD を示しました。 いずれのKD も、一般的な研究用の抗体ナノモルレベル (10-9 M ) よりも、さらに低いピコモルレベル (10-11 M )であり、親和性が高いことが示されています。

SARS-CoV-2 NP
rabbit mAb
KD(M)
75G5a8.25 × 10-11
84C4a9.38 × 10-11
84D72.23 × 10-11

抗SARS-CoV-2抗体一覧

【注意】貯蔵方法が-20℃であっても、冷蔵にて輸送されます。受領後、すみやかに-20℃で保管してください。


  抗 PLXDC2 ウサギモノクローナル抗体

Plexin domain containing protein 2 (PLXDC2), a cell surface transmembrane protein, is expressed in many tissues including haemotopoeitc stem cells, neural stem cells, pluripotent stem cells, and tumor cells. PLXDC2 may play an important role in neuronal growth, stem cell development, angiogenesis, and cancer cell growth.
 PLXDC2 has been reported as a receptor for pigment epithelium derived factor (PEDF) (1) or as an activating ligand for adhesion G-protein coupled receptor D1 (Adgrd1) (2). Also PLXDC2 was thought as a novel interaction partner and an entry receptor for rhesus monkey rhadinovirus (RRV) (3). The gene expression level of PLXDC2 was elevated in the peripheral blood of stroke patients (4) or in mouse bone marrow-derived macrophages in response to Helicobacter pylori (5). The protease BACE1 (β-Site APP Cleaving Enzyme), a major drug target in Alzheimer’s disease, cleaves the amyloid precursor protein (APP) as well as PLXDC2 as one of several other substrates (6).

参照文献
(1)  Cheng G et al. 2014 Elife. 3:e05401
(2)  Bianchi E et al 2021 Nat Commun. 2021 12(1):1251.
(3)  Großkopf AK et al. 2021 PLoS Pathog. 17(3):e1008979
(4)  O’Connell GC et al. 2017 Genom Data. Sep 14:47-52.
(5)  Tubau-Juni N, et al 2020 Sci. Rep. 10(1):11506.
(6)  Dislich B et al. 2015 Cell Proteomics. 10:2550-63

統一商品コード製品名保管条件包装販売元コード希望小売価格
551-21439-0anti-PLXDC2 (4G3) rabbit mAb 200μL -20℃200μL  2531 70,000円

本抗体を使用した文献

1. Shimizu, H. et al. Improving the quality of a recombinant rabbit monoclonal antibody against PLXDC2 by optimizing transient expression conditions and purification method.
Protein Expr. Purif. 146, 27–33 (2018).(外部リンク DOI: 10.1016/j.pep.2018.01.011) 
2. Yamamoto N. et al. Expression Pattern of Plexin Domain Containing 2 in Human Hepatocellular Carcinoma.
Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 39(2):57-60 (2020)(外部リンク DOI: 10.1089/mab.2019.0050) 
3. Hamada, Y. et al. Plexin domain containing protein 2 is more expressed within the invasive area of human colorectal cancer tissues. Human Cell (2021). (外部リンク DOI: https://doi.org/10.1007/s13577-021-00570-8)


お問い合わせ

各種抗体製品についてご質問がある方は、こちらからどうぞ。

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。