新型コロナウイルスに対する中和活性を持つ抗体の取得に成功

極東製薬工業株式会社(本社:東京都中央区)は、公立大学法人横浜市立大学(神奈川県横浜市)との共同研究において、極東製薬工業株式会社とAbwiz Bio Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンディエゴ)が共同開発した新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対するヒト型中和抗体クローンABW2000が、野生株(武漢由来株)のみならず、N501Y、D614Gを有する英国株、さらにE484Kを有する南アフリカ、ブラジル株に対しても低濃度で強い中和活性(IC50 60 ng/mL未満)を示すことを明らかにしました。

◎詳細はこちらからご覧いただけます。

本内容は5月27日付けの「化学工業日報」に掲載いただきました。
■詳細
化学工業日報のホームページ

またこのたび医薬専門雑誌『PHARM TECH JAPAN 』6月号に掲載されました。
■雑誌の詳細
PHARM TECH JAPAN ホームページ

本記事に関するお問い合わせは下記フォームよりお問い合わせください。

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。